ストレングスファインダー

ストレングスファインダーを書籍付属のアクセスコードで診断を受ける方法

ストレングスファインダーを書籍付属のアクセスコードで診断を受ける方法

診断は下記ページからアクセスコードを入力します。

https://my.gallup.com/_Home/RedeemAccessCode

 

アクセスコードの引換」に行き、書籍の最後にあるアクセスコードを入力し、「続ける」をクリックしてください。

なお、アクセスコードは、ストレングスファインダー2.0の書籍の最後の方のとじ込み部分にあります。

ストレングスファインダー2.0

アクセスした際は、「サインイン」ではなく、アカウトをお持ちでない場合から「今すぐサインアップ」をクリックしてください

なお、 以前にストレングスファインダーの診断を受けた方でも、「今すぐサインアップ」から新規ユーザーの登録が必要です。同じアカウントで複数のストレングスファインダーを受けることが出来ないからです。

 

その後、次ページに従いユーザー登録を実施してください。

新規アカウント登録の画面で必要情報を入力し、「プライバシーステートメントを読み、同意しました」にチェックを入れて「NEXT」をクリックしてください。

下の英語のチェック欄は入れても入れなくてもどちらでも大丈夫です。内容はメルマガ登録となります。

なお、メールアドレスは、過去にストレングスファインダーの診断を受けたことのある方でも、その時と同じアドレスで構いません。ただし、同じアカウントは持てないので、ユーザー名は必ず変更する必要があります。

 

「NEXT」を押すと、登録したメールアドレスに6桁の確認コードが記載されたメールが届きます。そのコードを同じページに入力して、「SUBMIT」をクリックしてください。

※メールアドレスを間違えないようご注意ください。また、Gmailなどメールソフトの設定により、メインの受信箱以外や、迷惑メールに入ってしまっている場合がありますので、ご注意ください。

 

その先のページでは、「CliftonStrengthsテストを受けます」にチェックを入れて、「続行」をクリックしてください。

その後、いくつか説明が続いたのち、テストに移行します。

以降のページは転載が禁止されているので記載出来ませんが、 画面に従えばテストまでたどり着きますので、そのままストレングスファインダーの診断を実行できます。

 

診断テストは全177問。40分~60分程度掛かります

回答時間なども診断結果に含まれるため、途中で目を離すことのないよう、落ち着いて取り組める場所で診断してください。

※万が一途中でパソコンのシャットダウン等で中断した場合は、サインインし直すと途中から再開可能です。

 

各設問は、20秒以内の回答時間制限があります。直感で選んで答えてください。

制限時間内に答えられない設問は自動的にスキップされます(数問程度であれば影響なし)

 

 

サイトが英語表記となってしまった場合は、右上の言語の選択から「日本語」を選択すると日本語表記となります。

 

テスト終了後の画面で「Gallup Accessに戻る」をクリックすると次ページの画面になり、そこで診断結果が確認できます。

 

テスト終了後の画面で「Gallup Accessに戻る」をクリックすると、結果画面となります。

一旦サインアウトをしても、ログインすればいつでもこのページを閲覧することが可能です。ログインに必要なのは、登録したユーザー名、パスワードです。アクセスコード入力は不要です。

 

クリフトンストレングスレポートを見る」をクリックすると、各種レポートを入手することができます。

以上でストレングスファインダーの診断を書籍付属のアクセスコードで受ける方法でした。

 

※診断時のトラブルはギャラップ社へお問い合わせください。