ストレングスファインダー

ストレングスファインダー 包含

この記事ではストレングスファインダーの包含という資質について解説しています。

目次

・包含の強みポイント

・包含が弱みになるとき

・包含の育て方

・包含を他者に貢献する

包含の強みポイント

強みの傾向

☆他人を受け入れる

☆人を輪に入れる

☆仲間外れを作らない

☆寛容

☆人を差別、批判しない

包含の資質を上位に持つ人は

輪から外れている人が気になり

輪に入れようとします。

そして人の輪を広げようとします。

グループで支えあうことの恩恵を理解し

他者にもその恩恵が受けられるようにしたいと

考えています。

仲間外れな状況を嫌い、

グループの輪に入れようとします。

人種、性別、国、性格、宗教などで

批判することはないでしょう。

人はみな同じように重要で価値があり

誰一人無視されてはいけないという

観念をもっている。

包含が弱みになるとき

弱みの傾向

☆誰彼構わず仲間に引き入れようとする

☆一人でいたい人に対して輪に入れようとするとき

☆一人で物事を成し遂げることが苦手な場合がある

・輪の中が見えなくなる

包含が弱みとして出てしまうと、

誰でも仲間に引き入れようとしてしまい、

一人で居たいと思っている人や、

一人の方が楽な人、力を発揮できる人にとっては

少々迷惑になってしまいます。

また、輪の外のことが気になって

輪の中が見えなくなってしまうと

誰でも輪に入れてほしくないと思っている人

の気持ちに気づかないこともあるでしょう。

またたくさんの人を仲間にいれてしまい

必要以上に大きくなってしまうことも

あるかもしれませんね。

このような状態になっているときは、

自分が資質を弱みとして使っていることに気づくことが大切です。

包含の育て方

自分の資質を知ったあとは・・・

1.資質を理解する

2.資質を好きになる

3.資質を育てる

という段階で資質を育てるということをしていきます。

運命思考の資質がどういうものか理解したら、

次は好きになるという段階。

この段階は、ご自分の強みですので、

理解していけばいくほど自然と好きになっていくのではないかと思います。

自分の資質が好きになったら、

次は育てていきましょう!

では、どのように育てていくかというと・・・

・今までと同じ作業をするときに自分の資質を意識して強みとして使えるように練習する

・自分の資質が活かせる場所に身を置く

ということをしていきます。

具体的に運命思考で説明していくと、

今までと同じ作業をするときに自分の資質を意識して強みとして使えるように練習する

普段、包含の資質が

強みとして使えているか観察してみましょう。

仲間外れや輪の外の人に対して

気を配って、声をかけて

輪に入れようとするところは

包含のとってもいいところです。

そういった行動に出るときに、

・仲間外れや輪の外にいる人に対して声をかけるとき、

輪の中の人はどう思っているか。

・誰でもよく考えずに引き入れようとしていないか。

・その人は輪に入りたいと思っているか

ということに気を付けて

声をかけられるといいかもしれませんね!

強みは当たり前に使えていることが多いので、

どんな時に自分が強みとして使えているか認識するというのが大事です!

また、使えていなかったという場合は

意識的に自分の強みを使えるように

練習していきましょう!

自分の資質が活かせる場所に身を置く

また自ら資質を活かせる場所にいくということも

資質を育てるのに有効です。

包含の場合、

人がたくさん交流するような場所に行くと

包含の強みを活かせる機会があるでしょう。

懇親会やパーティ、初めての人同士が集まる場所などで

輪に入れずにいる人は必ずいます。

そんな時は包含の出番です。

輪に入りたくても入れない人にとっては

神!!でしょう。

包含を他者に貢献する

1.資質を理解する

2.資質を好きになる

3.資質を育てる

これができてきたら、

自分の強みを誰かの役に立つように使ってみてください。

包含は人間関係構築力の資質で

資質を使うときに他者が関係してくるので

強みを使う=他者に貢献

となってくると思います。

包含を持つ人は

寛容な人が多く、

人を批判したり差別したりせず、

みんな重要という考えを持っているので

そんな包含の考えに救われる人は

たくさんいると思います。

そして、グループやチームでいることの良さも

人に伝えられるかもしれませんね。

自分の強みが人の役に立つととても幸福度が上がるので、

是非このレベルまで資質を育ててみてください!