ストレングスファインダー

ストレングスファインダー 社交性

この記事ではストレングスファインダーの社交性という資質について解説しています。

目次

・社交性の強みポイント

・社交性が弱みになるとき

・社交性の育て方

・社交性を他者に貢献する

社交性の強みポイント

強みの傾向

☆初対面の人関わることが好き

☆人と人を繋ぐことができる

☆新しい人に会って自分のファンにする

☆深く長い関係より新しい場に行きその場が楽しいことを好む

社交性の資質を上位に持つ人は

新しい人に会うことに抵抗がありません。

新しい場で出会うことが好きで

自分から話しかけることも躊躇なくできます。

いろいろな人と出会って、

出会った人を味方につけます。

長く深く関わることよりも、

浅く広く関わることが得意です。

人がたくさん集まる場で

みんなと知り合いのように話している人

いませんか?

社交性はそんなイメージです。

誰かに聞いてもらいたい!」

そういう時ってありますよね?

社交性が弱みになるとき

弱みの傾向

☆NOと言えない

☆表面的な付き合い方になる

☆出会う人が多いため、一人一人覚えていない

☆嫌われたくない

社交性が弱みとして出てしまうと、

新しい出会いを求めて、

人との関係が薄くなってしまい

周りの人に軽薄な印象を

与えているかもしれません。

出会う人が多いので、

一人一人をしっかり覚えていることが

難しい方もいるかもしれませんね。

また、人に嫌われたくないので

人からの頼みを断れなかったり

NOと言えないことも弱み使いとなります。

社交性の育て方

自分の資質を知ったあとは・・・

1.資質を理解する

2.資質を好きになる

3.資質を育てる

という段階で資質を育てるということをしていきます。

社交性の資質がどういうものか理解したら、

次は好きになるという段階。

この段階は、ご自分の強みですので、

理解していけばいくほど自然と好きになっていくのではないかと思います。

自分の資質が好きになったら、

次は育てていきましょう!

では、どのように育てていくかというと・・・

・今までと同じ作業をするときに自分の資質を意識して強みとして使えるように練習する

・自分の資質が活かせる場所に身を置く

ということをしていきます。

具体的に社交性で説明していくと、

今までと同じ作業をするときに自分の資質を意識して強みとして使えるように練習する

たくさんの人が集まる場所に

行ったときなど、

人と人を繋ぐ役割をしてみたり、

なるべく多くの人と交流するように

してみるといいかもしれません。

強みは当たり前に使えていることが多いので、

どんな時に自分が強みとして使えているか

認識することも大事ですね!

また、使えていなかったという場合は

意識的に自分の強みを使えるように

練習していきましょう!

また、弱みとして出ていないか見ていくことも大事です。

人に嫌われたくないあまり

NOと言えなくなっていませんか?

断ることも誠実さの一つです。

資質を弱みとして使っていないか

注意することも育てることの重要ポイントです。

自分の資質が活かせる場所に身を置く

また自ら資質を活かせる場所にいくということも

資質を育てるのに有効です。

社交性の場合、積極的に新しい人と

出会える場所に出向いて

交友関係を広げることをしていきましょう。

社交性を他者に貢献する

1.資質を理解する

2.資質を好きになる

3.資質を育てる

これができてきたら、

自分の強みを誰かの役に立つように使ってみてください。

社交性で考えてみると、

たくさんの人との出会いで出来た

ネットワークを人の役に立たせるなど、

人と人とを繋ぐ架け橋になれると

他者貢献できるかと思います。

社交性の人の”出会い”や”つなぐ”ことは

求めている人からすると

とてもありがたいことだと思います。

また、自分の強みが人の役に立つと

自分の幸福度も上がるので、

是非このレベルまで資質を育ててみてください!