ストレングスファインダー

転職で悩む方必見!ストレングスファインダーで適職は分かる?

転職で悩む方必見!ストレングスファインダーで適職は分かる?

 

今の仕事を変えたい、転職したいけど、自分に合った仕事が見つかるか不安……

ストレングスファインダーの診断をすることで、自分の適職は分かるのでしょうか?

ストレングスファインダーは適職を見極めるために大切な指標になる

ストレングスファインダーの診断を受けると、自分の強みが5つの資質として。

さらに、全34資質の順位まで知ることができます。

 

その資質の組み合わせで、自分に向いている職業は導き出せる可能性が高くなります。

 

例えば教師の方は「成長促進」「回復思考」の資質を有している傾向がある
営業マンは「コミュニケーション」「活発性」の資質を有している傾向がある
経営者は「未来志向」「戦略性」の資質を有している傾向がある

といった、資質と職業の相関は少なからずあるように感じています。

しかし、必ずしも資質がなければその職業が向いていないわけでもありません。

あなたが持つ資質はあなたの適職を判断する重要な指標としつつ、これまでの経験も生かして総合的に考えましょう。

 

ストレングスファインダーの診断結果を、特定の分野で生かしたいと考えた場合(例えば「適職探し」など)、実は重要なのは資質の解釈と活かし方の気づきです。

 

ストレングスコーチでは、あなたの資質の組み合わせや、本人の希望、これまでの経歴など、様々なことを総合的に判断し、一人ひとりに合わせたコーチングを行います。

 

特に転職時など、一人で考えては煮詰まってしまいがち。ストレングスファインダーの診断を受けたのちに、コーチングまで体験してみることをオススメいたします。